日本に

Genj Yuan:日本の食事のエチケット

日本には非常に豊かな文化があり、あらゆる機会に独自の完全にユニークなエチケットがあります。食事に関しては、日本人の友人や家族と食事をする際に敬意と礼儀を示すために、さらに厳しい規則があります。

今日、Genj Yuanは、日本に住んでいるときや日本を訪れるときに学ばなければならないいくつかの重要な日本食のエチケットを教えてくれます。 

食べ物を口の高さより上に上げないでください 

他の日本人と食事をするときは、食べるときに使う箸が口の高さまで届かないようにしてください。それは完全に不必要であるため、口の高さより上に上げることはほとんどの日本人にとって無礼であると見なされています。 

食べ物が付いた状態で箸を高くしすぎると、食べ物が箸から落ち始めたときに自分を混乱させる可能性があります。ですから、面白く見える以外にそれをする意味がないので、このエチケットに従うのが最善です。

食べ終わったら箸をボウルに乗せないでください

これは日本のエチケットの中で最も有名なものの1つであり、その理由は、箸を上に置くだけでは乱雑に見えるためです。日本人はきちんとしていることにとてもこだわっているので、常に彼らの清潔さの基準に従うべきです。

箸をボウルの上に置くときに交差させると、見た目が悪くなるため、さらに悪化します。食事が終わったら、テーブルの上にまっすぐ置き、レストランやダイニングテーブルを出るときに仲間に頭を下げて敬意を払います。 

適度に 

丸呑み丸呑みは世界のすべての国で失礼です。スープや麺をすすりながら音を立てるのは、特に食事中の沈黙を重んじる国では、失礼で不適切に聞こえます。 

シェフや友人に食べ物がおいしいことを知らせているので、それは丸呑みするときの誠実なジェスチャーとして見ることもできますが、誰もが丸呑みの音を愛するわけではないので、適度に丸呑みすることをお勧めします。

日本には独特のスープや麺がたくさんあるので、この習慣を実践するのは難しいでしょうが、スープ料理を食べるときの邪魔にならない方法として考えてください。 

麺食べるときは箸を食べる

を使うスプーンでこともできますが、お椀からお箸を飲むだけで手触りが良くなるので、箸を使う方が便利です。日本人が必要とする道具は箸だけであるのには理由があり、美味しいスープを飲むとこれがフルに表示されます。 

Genj Yuanでこれらのエチケットを練習してください! 

食事をしている間、特に外国の場合は、常に他の人に敬意を払うことが最善です。これらのエチケットを練習したい場合は、最もおいしい日本料理が満載の源氏元のレストランでそれらをフォローすることができます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です