日本料理のすべて

Genj Yuan:日本料理のすべて

世界で最も健康的な食事の1つであることを考えると、日本料理の人気が高まっているのは当然のことです。おいしい食事を作るための鍵は、利用可能な多くの味の間の理想的な調和を見つけることであるため、それは美的に心地よく、幅広い味を提供します。 

日本人は栄養価の高い食べ物のために長く幸せな生活を送る傾向があります。日本食については、特に国で最も有名な料理のいくつかを日常の食事の一部にすることを計画している場合は、知っておくべき多くの魅力的な事実があります。

ここ日本料理について知っておくべきことをすべて知りたいなら GenjYuanで !

日本料理の歴史 

日本は文化遺産が豊富な国であり、その料理にも反映されています。全国に伝統的な日本食レストランがあり、世界中を半周することなく、日本全国の料理を味わうことができます。

日本のディナーテーブルの配置は、それぞれが食べ物と装飾の独特の組み合わせを持ついくつかの異なるプレートで構成されています。そのため、1皿は控えめですが、少量の食事を完全に食べると、1皿が満腹になり満足します。

そうは言っても、日本食を食べるとき、最初に気付くのは、すべてが別々の小さな皿でどのように提供されるかです。これは、食事中にすべてを1皿または1皿で提供することは悪い考えであると考えられていたためです。 

しかし、鎌倉時代に発展したこの食事スタイルは、中国の伝統的な料理の盛り付けと仏教の特別な茶道の開催方法に触発されました。

それに加えて、日本の歴史に関して言えば、米と魚は長い間すべての日本人の主食でした。現実には、一般的な信念に反して、日本は1920年代に90%が菜食主義者でした。ただし、結婚式や葬式など、魚を出す機会は例外でした。

仏教の教義に起因すると考える人もいれば、極度の貧困の結果であると言う人もいます。西暦752年、孝謙天皇はさらに進んで、今日の日本では想像しがたいあらゆる形態の釣りを禁止しました。

そうは言っても、女性は禁止のために生計を立てることができないすべての日本の漁師に米を提供します。その結果、下層階級が武士や軍事的手段によって貴族の支配を掌握したとき、鎌倉時代は日本の食べ物や料理に大きな変化が見られました。

さらに、19世紀半ばに日本全体が西洋船の入港を歓迎するまで、主にこの地域の食べ物と料理は変わりませんでした。

さらに、ウイスキーはこの時期にアメリカから初めて持ち込まれました。ウイスキーは1800年代後半まで認知されませんでしたが、当時は世界中の多くの人々に消費されていました。イギリス人が美味しいカレーを日本に持ち込みましたが、人気が出たのは1960年代後半になってからでした。

日本の米 

封建時代の日本がまだ歴史の中で続いていた初期の頃に、短粒でどろどろしたもち米が最初に国に紹介されました。 今でも日本人は長粒米だけを食べているわけではありません。

彼らは、箸で食べると一緒に固まるもち米に多くの料理と文化を基にしています。

日本米の味はとても素晴らしく、塩とソースの簡単な組み合わせ以外で味付けすることはありません。米本来の味わいがそのまま残っていて、日本ならではの味わいがあれば、他の食べ物や味を加えてもかまいません。

日本の麺日本

でヌードルスープが有名になったのは1800年代後半になってからでした。麺は平安時代の西暦800年頃に国に紹介されました。 

1900年代初頭、横浜のチャイナタウンにあるライライケンというレストランが、日中のフュージョン料理であるラーメンと呼ばれる食事を東京に紹介しました。

その手頃な価格、美味しさ、そして満ち足りた性質の結果として、彼らの「シナそば」はすぐに日本の労働者階級の間で人気になりました。

また、日本がラーメンのみのレストランに集中し始めたとき、ラーメンは国際的なグルメの地位を獲得しました。 

現在、これらのレストランでは、コーチンチキンや数種類の醤油などの高級品をスパイスに使用しています。

寿司

寿司は西暦2世紀頃に中国文学で最初に言及されました。私たちが知っているように現在の形ではありませんが、それは非常に長い間存在していました。寿司の歴史を見ると、重要な食事が時間とともにどのように進化してきたかがわかります。 

食べ物を保存する必要があるため、寿司の歴史は古代にまでさかのぼることができます。米で魚を発酵させることで、魚を長期間保存することができました。ご飯は捨てられ、魚は可能な限り消費されました。

7世紀までに、中国と日本は、魚が両国の食事の主食になったときに、この方法の恩恵を受けました。代わりに、日本人はその概念を取り入れてそれを実行し、魚と一緒にご飯を出しました。 

ほとんどの日本人はこの方法で調理された魚を好むので、なぜ寿司が有名な料理であるのかは不思議ではありません。数世紀後の早送りで、寿司は世界のほぼすべての国で見られます。

日本料理を美味しくする理由日本の料理

は、世界で最も洗練された料理の1つと見なされています。地元の食材の繊細な味、食感、色が称賛され、強調されています。 

ソース、スパイス、調味料など、日本料理にとって重要なおいしい食材を丁寧に調理し、日本食に取り入れています。 

確かに、この料理で、あなたはあなたがより多くのために戻ってくるようになるであろうおいしい料理の広い範囲を見つけるでしょう。日本では、何世紀も前の方法で料理が作られ、提供されています。日本のソース、スパイス、調味料には次のものがあります。

みりん

日本酒と同じ醸造方法で、みりんは独特の風味と一貫性を持ち、アルコール度数が低くなっています(代わりに新みりんで1%、本みりんで14%) 20パーセントの。)

みりんは、マリネに焼き魚やその他の食事のために、ソース(照り焼きなど)、および釉薬を甘さを提供します。心地よい香りがあり、魚介類の魚の味や香りを隠すことがあります。

味噌

味噌と醤油の使用は日本料理の必需品です。味噌は、スープの味を高めるためによく使われます。発酵大豆ペーストです。ソース、マリネ、サラダドレッシングに使用できるので、用途が広いです。塩分が豊富ですが、他の栄養素も含まれています。

七味唐辛子いわゆる七味唐辛子 

七味唐辛子()は、日本の有名な香辛料の組み合わせです。材料は場所によって異なります。したがって、統一された公式はありません。 

標準成分には、乾燥唐辛子、黒胡椒、ごま、みかん粉末、乾燥海苔フレークなどがあります。調味料、麺ソース、さらには焼き肉のマリネとして7スパイスパウダーを使用することは多目的です。

しょうゆしょうゆ

日本でを作るために、発酵大豆、塩、麦芽小麦胚芽を組み合わせています。その結果、正湯麹が作られます。

塩水を加えた後、今日知られているソースに熟成するのに最大1年かかります。 Shoyuには5つの種類があり、それぞれに専門性があります。しょうゆの約80%は関東産の恋口酒で作られています。大豆と小麦粉を発酵させたものです。

Su

Suは、さまざまな料理に使用される人気の日本の米酢です。それは色合いと香りが黄金色です。寿司飯は寒天、砂糖、塩を組み合わせて作られています。酢はまた、食品をきれいにし、保存すると考えられています。

今日の日本料理の人気料理の作り方

の高まりソーシャルメディアの台頭により、や調理方法の性質上、日本食の人気が高まることは間違いありません。最近は個性的なものが大好きで、日本食には「Instagramable」と書かれています。 

食べ物は単に神聖でユニークに見え、人々は単に抵抗することはできません。日本食レストランで食事をするときのその素晴らしい味とユニークな経験の組み合わせで、日本食が今日でも関連性があり、ますます人気が高まっていることは間違いありません。

によってストップ Genj 最も香ばしい日本料理のための元!

読んだことでお腹が減っていますか?で最高の日本食を味わう時が来ました 源氏 元のレストラン。私たちのような料理では、他では見られない最高の日本食に恋をするのは難しいことです。 

何を求めている?日本食を初めて味わうのも百回目も、お食事をお楽しみください。味わうことができるさまざまな種類の日本料理にきっと驚かれることでしょ 人民元で う!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です